トップページ> 木製飾り舵輪

木製操舵輪(そうだりん)w/真鍮芯(解体船実物)『ボランチ』

舵輪は18世紀初め頃、それまで使われていたティラー舵柄(だへい)
に代わって、帆船に搭載されました。ホイールスタンド(操舵輪台)は
通常、後甲板上にむき出しか屋根付きで取り付けられていましたが、蒸
気船の時代にはブリッジ(船橋)の中に移設されました。18世紀のイギ
リスの大型戦列艦『ビクトリー号』には操舵輪が2個取り付けられ、最大
4人ががりで操船しました。ポルトガル語で『ボランチ』と呼び、サッカ
ー競技ではセンターハーフが舵取りの役割をすることからこの名称が使わ
れています

解体船木製舵輪w/真鍮芯『ボランチ』/(株)帆船模型スタジオM 解体船木製舵輪・直径φ121cm(005)
価格 : 168,000円
個数 :
実際の船で使用されていたものです。サイズ直径φ121cm×厚み5cm。

マリンインテリア雑貨のトップページへ戻る

【商品のご購入について】 【会社概要】 【個人情報保護方針】 【ファックス注文書】 【お問合せ】 【特定商取引法に基づく表示 【ショールームのご案内】 【サイトマップ】
【送料について】

木製帆船模型キット輸入業/マリンインテリア雑貨販売
株式会社
帆船模型スタジオM 
〒542-0064 大阪府大阪市中央区上汐2-5-22(富士ビル)
Tel:06(6768)2921(代表)  Fax:06(6768)5465
ホームページ:www.mtc-hp.jp 
Eメールアドレス:mtcアットマークtriton.ocn.ne.jp
(迷惑メール防止のため、Eメールでお問合せされる場合はアットマーク部を
に変えてください)

Copyright©2014-2017 HMS-M CO., LTD.
All Rights Reserved